Information


新着情報

> 事例紹介 > ステッカー施工 > 【事例紹介】マクラーレン アルトゥーラ フルプロテクション&ライン施工
2023年10月15日

【事例紹介】マクラーレン アルトゥーラ フルプロテクション&ライン施工

こんにちは! アンバサダーのにっしーです。

 

今回ご紹介させていただく施工対象車両は、電動パワートレインを搭載したPHEVのスーパースポーツカー、マクラーレン・アルトゥーラ

 

こんなにカッコ良いのに電動とのハイブリッドという、まさに新世代のマシンですよね✨

 

そんなアルトゥーラのボディをフルプロテクションで保護したのちライン施工でドレスアップ後にコーティング、さらにウインドープロテクションフィルムでフロントガラスの保護というフルコースを施工していきますよー!

 

こちらは新車の状態でお預かりし、施工を行いました

プロテクションフィルムは、ボディに傷がついていない新車状態で施工するのが最も効果的ですよね。

 

フルプロテクションに使用したフィルムは、P-Factory御用達✨のフレックスシールドのクリアプロテクションフィルムです!

 

ということで、ボンネットにルーフ、前後フェンダーやリアハッチ、前後バンパーとボディ全面にフィルムを貼っていきます。

 

ボンネット

 

ルーフ

 

ドア

 

リアフェンダー

 

リアハッチ

 

そしてヘッドライトにも同じクリアープロテクションフィルムを貼っています。

その後は、ブラックカラーで引き締まったリアデフューザーにオレンジ色のライン貼ってドレスアップ!

 

ライン施工で変貌したリアデフューザー

 

レーシーでスタイリッシュだったリア周りにオレンジの挿し色で力強さが加わり、思わずハッとするかっこよさがプラスされましたよね✨

 

そしてプロテクションフィルムの上にコーティングを施工します。

 

ちなみに、

 

プロテクションフィルムの上からコーティングをすると、艶も出るし撥水とか汚れも付きづらくなるしメンテナンスしやすくなります」

 

と以前井上社長はおっしゃっていたので、フィルムの上からのコーティングもとってもおすすめです✨

 

さらにフロントガラスをPシールド製のウインドープロテクションフィルムで保護して終了!

 

このアルトゥーラのように、大切に乗りたい高級愛車だからこそ新車の段階で美しい状態で乗り続けられるよう手を尽くすことは、愛車の価値を維持する点でとても有意義なのだろうなと私は思います。

 

新車時の美しい状態を極力維持して愛車でのドライブを楽しみたい方は、ぜひP-Factoryにご相談くださいね✨

 

 

 

サイト内検索

カテゴリ
インフォメーション
プロテクションフィルム
カーラッピング
コーティング
イベント
ヘッドライト・テールランプ

最新の投稿(5件)
NEW!【事例紹介】メルセデスベンツSL63マットプロテクション施工 
P-Factoryを支える少数精鋭の素敵なスタッフさん達をご紹介!【後編】
P-Factoryを支える少数精鋭の素敵なスタッフさん達をご紹介!【中編】
P-Factoryを支える少数精鋭の素敵なスタッフさん達をご紹介!【前編】
【事例紹介】メルセデスベンツ・G 63 マットプロテクションフィルム施工

過去の記事