Information


新着情報

> 事例紹介 > プロテクションフィルム > 【事例紹介】Pシールド製ウインドープロテクションフィルム施工事例 一挙紹介! 第2弾
2022年9月27日

【事例紹介】Pシールド製ウインドープロテクションフィルム施工事例 一挙紹介! 第2弾

こんにちは! アンバサダーのニッシーです。

今回は5月に引き続き、高い施工技術が要求されるウインドープロテクションフィルム(以下WPF)施工事例をいくつかピックアップしました!

 

WPF施工は需要がとても高いものの、非常に難易度が高く同業者でも貼れる人がほとんどいないのが実情…。

そんな中、試行錯誤の上オンリーワンのクオリティまで向上させたのが井上社長! そのため、P-FactoryでのWPF施工は井上社長がすべて直接対応しています。

 

そしてWPFの商材は価格やクルマの使用状況によっておすすめフィルムも変わってくるそうですが、P-factoryで市販車のメインとして使用しているのが、このPシールド

 

 

「Pシールドは施工のしやすさはもちろんツヤや仕上がりのクオリティも高く、スクラッチ(傷)もつきづらいのでイチオシです!」

 

と井上社長も絶賛する商材なのです。

 

 

それではこれまでPシールド製のフィルムを使用しWPF施工してきた車両をご紹介していきます。

 

●マクラーレン570Sクーペ

 

McLaren 570S coupe

 

●日産GT-R NISMO

 

NISSAN GT-R NISMO

 

●フェラーリF8↓

 

FERRARI F8

 

これらはこれまで施工してきたWPFのうちほんの一握りの事例になります。

 

また、プロテクションフィルムではないのですが、猛暑日の多かった今年の夏はフロントウインドーの内側へ断熱フィルムを施工した事例もあるのです!

 

●ポルシェ964↓

 

Porsche 964

 

使用した商材は、IKCシルフィード。フィルムの透過率は70%以下だと車検不通過になりますが、このフィルムは透過率80%のため安心して貼ることができるそうですよ!

 

 

この断熱フィルムを内側に貼ることで、ハンドルの暑さや車内の温度上昇を防ぐことができる他、紫外線もカットしてくれるためダッシュボードの保護にもつながります。

 

WPF施工についての詳細はこちらの記事もぜひご参考に!

WPF施工は実はとても難しい技術。ところが…!?

 

ということで!

P-Factoryではボディのプロテクションフィルムはもちろん、ガラス用のプロテクションフィルムも施工実績がたくさんありますので、安心してご依頼くださいね♪

サイト内検索

カテゴリ
インフォメーション
プロテクションフィルム
カーラッピング
コーティング
イベント
ヘッドライト・テールランプ

最新の投稿(5件)
【事例紹介】アウディ イートロン ブラックアウト化
【事例紹介】BMW X3 フルプロテクションフィルム施工(マットフィルム)
黒澤元治氏愛車 メルセデスベンツ S400D フルプロテクション施工動画のご紹介
【事例紹介】BMW 5シリーズ ヘッドライトスモークフィルム施工
【事例紹介】フェラーリ ポルトフィーノ ラッピング施工

過去の記事