Information


新着情報

> 事例紹介 > プロテクションフィルム > 【事例紹介】Pシールド製ウインドープロテクションフィルム施工事例 一挙紹介! 第1弾
2022年5月4日

【事例紹介】Pシールド製ウインドープロテクションフィルム施工事例 一挙紹介! 第1弾

こんにちは! アンバサダーのニッシーです。

今日は高い施工技術が要求される、ウインドープロテクションフィルム(以下WPF)施工事例をいくつかピックアップしてみました!

 

WPF施工は需要がとても高いものの、非常に難易度が高く同業者でも貼れる人がほとんどいないのが実情…。そんな中、試行錯誤の上オンリーワンのクオリティまで向上させたのが井上社長なのだそうです。それもあり、P-FactoryではWPF施工は井上社長がすべて直接対応しています。

 

そしてWPFの商材は価格やクルマの使用状況によっておすすめフィルムも変わってくるそうですが、P-factoryで市販車のメインとして使用しているのが、このPシールド

 

 

「Pシールドは施工のしやすさはもちろんツヤや仕上がりのクオリティも高く、スクラッチ(傷)もつきづらいのでイチオシです!」

と井上社長も絶賛する商材なのです。

 

 

それではこれまでPシールド製のフィルムを使用しWPF施工してきた車両をご紹介していきます。

 

●ランボルギーニ ウルス

Lamborghini URUS

 

●フェラーリ 458 スペチアーレ

Ferrari 458 Speciale

 

●ロータス エキシージ

Lotus Exige

 

●マクラーレン720S

McLaren 720S

 

●BMW M2

BMW M2

 

●フェラーリ 812

FERRARI 812

 

これらはこれまで施工してきたWPFのうちのホンの一握りの事例になります。

 

また、この他にもP-factoryではGTレースカーに捨てバイザーを貼るサポートも行っています。捨てバイザーとは、汚れたら剥がして捨てることができる透明フィルム。私はクルマのフロントガラス用の捨てバイザーがあることを全然知らなかったので、その存在を教えていただいたときはすごいなーと驚いたものです。

 

何枚か重ねてあるフィルムの赤丸の部分を剥がしていきます

 

 

WPF施工についての詳細はこちらの記事もぜひご参考に!

WPF施工は実はとても難しい技術。ところが…!?

 

ということで!

P-Factoryではボディのプロテクションフィルムはもちろん、ガラス用のプロテクションフィルムも施工実績がたくさんありますので、安心してご依頼くださいね♪

 

 

 

 

サイト内検索

カテゴリ
インフォメーション
プロテクションフィルム
カーラッピング
コーティング
イベント
ヘッドライト・テールランプ

最新の投稿(5件)
【事例紹介】Pシールド製ウインドープロテクションフィルム施工事例 一挙紹介! 第2弾
【メルセデスベンツCLS】カラープロテクションフィルム施工
【事例紹介】マクラーレン570Sクーペ グロスカーボンプロテクションフィルム&ウインドープロテクションフィルム施工
2022レースサポート活動のご紹介【フロントガラス 磨き補修&捨てバイザー貼り替え】
協会主催のウインドープロテクションフィルム講習会は、ココがすごい!

過去の記事