Information


新着情報

> 事例紹介 > その他整備作業等 > 【事例紹介】32GT-R スカイライン 耐熱シート施工
2021年6月5日

【事例紹介】32GT-R スカイライン 耐熱シート施工

こんにちは! P-Factoryの様々な魅力をご紹介させていただいている、アンバサダーのニッシーです。

 

みなさんご存知のとおりP-Factoryはプロテクションフィルム施工のプロショップですが、それ以外にもお客様の要望に合わせた様々なご依頼に対応できること、ご存知でしょうか?

 

ということで、今回はその一例をご紹介します!

 

 

今ではとても貴重な32GT-R。

こちらのクルマのオーナーさんは少しずつチューニングを施しながら、長い間大事に乗られているそうです。

 

ボンネットやトランク、ドアなどは“軽い・丈夫・カッコいい!”と3拍子揃ったドライカーボン製に換装済み。

 

 

そんなカッコいい32GT-Rに、今回はボンネットのダクト裏側の一部に耐熱シートを貼っていく作業を行っていきます。

 

この部分はエンジンルームの中でもエキマニやタービンによって特に熱が上がるため、ボンネットも諸に影響をうけカーボンに気泡が入ってしまったり白っぽくなってしまうため、その保護が目的とのこと。

 

赤丸のあたりがタービンやエキマニなどで高温で熱がこもりやすい場所です

 

 

タービンやエキマニの真上にあたるボンネットの裏側付近。 ここを耐熱シートで保護していきます

 

ダクトの形に沿ってしっかり型取り

 

ダクトの形状に沿った耐熱シートを貼っていきます

 

ちなみにこのクルマにももちろんプロテクションフィルムは施工済!

 

井上社長は整備士免許も取得されているので、フィルム施工以外の愛車のトラブルについてもお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

サイト内検索

カテゴリ
インフォメーション
プロテクションフィルム
カーラッピング
コーティング
イベント
ヘッドライト・テールランプ

最新の投稿(5件)
【事例紹介】メルセデスベンツ AMG GT ウインドプロテクションフィルム施工
【事例紹介】メルセデスベンツ G550 マットプロテクションフィルム施工
【事例紹介】なぜヘッドライトPPF施工がオススメなのか? 後編
【事例紹介】なぜヘッドライトPPF施工がオススメなのか? 前編
【事例紹介】メルセデス・ベンツG400d カーラッピング施工

過去の記事