Information


新着情報

> 事例紹介 > カーラッピング > 【事例紹介】フェラーリ ポルトフィーノ ラッピング施工
2022年10月25日

【事例紹介】フェラーリ ポルトフィーノ ラッピング施工

こんにちは! アンバサダーのニッシーです。

 

これまでパーツのブラックアウト化によるイメージチェンジの様子を何度かご紹介させていただきましたが、今回の施工対象モデルはフェラーリポルトフィーノ(Ferrari Portofino)です!

 

真っ白なフェラーリポルトフィーノのパーツの一部をブラックアウト化して、さらにスポーティーな見た目へのバージョンアップ目指しました。

 

まずルーフをオラカルのマットブラックフィルムでラッピング。

下回りはエイブリーデニソンのカーボンブラックシートでラッピングを、さらにフロントリップやサイドミラーにサイドロッカー、リアデフューザーはラッピングによりボディ色のホワイトからカーボン仕様へ!

 

 

そして元々ブラック系だったヘッドライトはフレックスシールド製のライトスモークフィルム施工でワントーン暗くなり、メリハリがつきさらに引き締まった印象に!

 

 

フレックスシールドのフィルムはもちろんプロテクションフィルムなので、ヘッドライトの保護も担っているのがポイントですね♪

 

ちなみに、井上社長によると

 

「ヘッドライトの裏がメッキなどで明るすぎた場合、せっかくライトスモークを貼ってもわかりづらかったりします。その場合は貼るフィルム色を変えたりすることもありますね」

 

とのこと。

 

なるほど! もともとブラック系だったこのフェラーリさんだから、こんなにも目力のある印象になったんですね〜!

 

 

施工前のお写真がないのでちょっとわかりづらいかもしれませんが、ルーフやサイドミラー、ディフューザーなどがブラックアウト化されて狙い通りスポーティーさに磨きがかかりました✨

 

もちろん、客様にも満足いただけたそうです!

 

また、今回は主にラッピングシートを使用してのドレスアップでしたが、P-Factoryでは耐久性や肌感・ツヤ感に優れボディ保護能力も高い、カラープロテクションフィルム「カラーコスメティックフィルム」もラッピングフィルムの代用としておススメしています!

 

材料費はラッピングシートに比べると少し高めですが、耐久性含め効果は抜群。

ぜひ一度お試しいただき、効果を体感していただけたらと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト内検索

カテゴリ
インフォメーション
プロテクションフィルム
カーラッピング
コーティング
イベント
ヘッドライト・テールランプ

最新の投稿(5件)
【事例紹介】アウディ イートロン ブラックアウト化
【事例紹介】BMW X3 フルプロテクションフィルム施工(マットフィルム)
黒澤元治氏愛車 メルセデスベンツ S400D フルプロテクション施工動画のご紹介
【事例紹介】BMW 5シリーズ ヘッドライトスモークフィルム施工
【事例紹介】フェラーリ ポルトフィーノ ラッピング施工

過去の記事